Aylesburyと22OCTOBREが2月でクローズ

東京スタイルのHPを見ていたら、Aylesburyと22OCTOBREが2019年2月で閉店するとありました。
百貨店に行けば必ずあったブランド。
ショッピング同行で利用することもあったので、ちょっとさみしい感じがします。

どちらも流行に流されずに変わらないスタイルを保っていて、それが良さでもありましたが・・なかなか難しいですね。

写真はアリスバーリーのlookbookより、トラッドで優しい雰囲気のブランドです。

 

写真は22OCTOBREのlookbookより、シンプルでかっこいい働く女性に向けたブランドです。
22octoble

 

今は身体のラインに沿ったエレガンスなファッションはトレンドからは少しはずれていて、売れ行きはイマイチなようです。例えば、プロポーションボディドレッシング(PROPORTION BODY DRESSING)なんかも、女の子らしくてかわいいけど売れるかというとそうではないんですよね。
PROPORTION BODY DRESSINGのlookbookより

 

ただパーソナルスタイリングを受けたいというお客様には、今のトレンドが好きじゃなくてそれとは違うもの-例えばエレガンスで女性らしいシルエットが好きという方がわりと多いんです。自分で探しても流行の服しか見つからなくて、どうやって見つけたらよいのかわからないと。

私もそういう要望の時はちょっと苦労していて、数少ないブランドを選んでそこで集中して買うか、いろんなお店をまわって少しずつかき集めるか、そんな買い方をしています。
売れ行きはイマイチとは言っても需要はあるんですけどね。ブランドを支えていくほどの規模ではないのかもしれません。

お客様を見ていると、一生を通じて個人の好みが大きく変わることは少ないのではないかと思っています。一時的な生活や心境の変化で変わることはありますが、ベースの部分は大きく変わりません。

それでも時代とともにマイナーチェンジしていかないと浦島太郎のような感じで、気づいたら「あれ?」ということになりかねません。
いろんなコトモノがゆっくり変化しているんですよね。周りも自分も。

人は何もしないと現状維持を好むんだと本で読みました。確かに変化するのってすごくパワーがいるんですよね。だから積極的に意識を変えて柔軟に対応していきたいと思います。

今日もブログにいらしていただきありがとうございます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です