トップページ > おしゃれ豆知識 > ファッションコラム > ワードローブの揃え方〜新入社員女性編

ワードローブの揃え方〜新入社員女性編何をどれだけ買ったらよいか?


社会人1年生、女の子のワードローブ。

秋冬バージョンです。

働き始めのOLさんが必ずぶつかる「服が足りない!現象」。
これをどうやって解決しようか・・

今回のテーマは「少ない服でたくさん着回し!」です。

紹介しているアイテムと同じものを
買う必要はないけれど、どんな風に考えるのか、
そういった部分を参考になさってください。

まずは、会社の服装規則を
具体的にあげてみます。

Aさんの場合は、営業事務のお仕事。
制服はありません。デスクワークだからお客様と会うことはないけれど、
何でもアリじゃない。男性はスーツ着用です。

会社の規則をまとめると・・

  • デニムは禁止
  • ジャケット必須ではないけど、カジュアルすぎるのはNG。
  • 社内では履きやすいサンダルに履き替える。
  • アクセサリーは、プチネックレス程度。

もちろん、Aさんの希望もあるわけです。例えば・・

  • スカートスタイルがいい。
  • ハイネックは嫌い。
  • 汗かきなので、室内ではそんなに着込みたくない。
  • かわいいスタイルが好き。

というわけで・・

スカートスタイルを中心に、きちんと見えつつも、
キュートで女の子らしいファッションが今回のテーマです。

また、新入社員ということで予算をできるだけ抑えて購入していきました。
実際にどんなワードローブにしたのかというと、こんな感じ。

  • ボトム(今回はスカートのみですが・・)・・3枚
  • 羽織もの・・3枚
  • カットソー・ブラウス・・4枚
  • ワンピース・・1枚
  • コート・・1枚
  • 靴(ブーツとパンプス)・・2足
  • マフラー・・1つ

ではでは、どんな風に洋服を揃えたのか具体的にみていきます!


1.最初はボトムから。

コーディネートの考え方はいろいろありますが、「着回し」を第一に考える場合は、
ボトムから決めると比較的簡単です。

ボトムが決まれば、トップスに合わせる服のシルエットや色が
ある程度決まってくるっていうのがその理由。

今回はお手持ちのスカート2枚をそのまま活かし、1枚買い足しました。
だから、ボトムのスカートは全部で3枚。

スカート01

3900円

スカート02

手持ち服

スカート03

手持ち服

Aさんの場合、ヒップがわりと大きめで上半身が華奢。
だから、体型カバーや雰囲気に合わせて、膝丈のフレアスカートを中心に揃えました。
形が似ている分、今回は柄と色にバリエーションを作りました。


2.次にはおりもの。

ジャケットやカーディガン類を考えます。もちろんスカートありきで・・
スカートが色や柄を使ったものが多いので、羽織ものはベーシックカラーを中心に。

テーラードジャケットは、スカートが定番デザインなので、
丈を短めにすることで流行を少し取り入れて。
ノーカラージャケットは、他と雰囲気が変わるように長め丈をチョイス。
その他、合わせやすいカーディガンを一枚。
定番ものと、少し流行を感じるもの、両方あるといいです。

羽織01

3900円

羽織02

4300円(70%off)

羽織03

1900円


3.インナー類です。

インナーは1枚でかわいいものがあると便利。朝はバタバタすることが多いから・・
カットソーだけじゃなくて、ブラウスもあると幅が広がる。
もちろん、何にでも合わせられる白や黒のインナー類は必要です。

インナー類は洗濯回数も多いので、ある程度枚数が必要です。
本当は1週間分欲しいところですが、今回は予算もあって全部で4枚。
羽織ものを変えて、違う感じに見せれば大丈夫です!

インナー01

1900円

インナー02

3950円(50%off)

インナー03

手持ち服

インナー04

2000円(30%off)


4.気分を変えるワンピース

着回しばかり考えるのも、なんだかつまらないので、
ワンピースやチュニック類があると、気分もアップしそうです。

今回はチェックのワンピース。
1枚で着てもかわいいけど、カジュアルすぎてしまうから
ジャケットやカーディガンと合わせて会社仕様にします!

ワンピース01

2760円(60%off)


5.アウター全般

最後にこれらの洋服に合わせやすいコートや靴を考えます。
コートは、キチンと見える仕事用とカジュアルなプライベート用と2つあれば
ベストだけど、今回は予算の関係もあって両方に使えるAラインコートを。
パンツにもスカートにも合わせやすく、見た目はタイトですが、
ジャケットの上からでも着れるゆったりした作りです。

マフラーはスカーフ使いが新鮮な茶色のラビットファーを!

アウター01

14000円(50%off)

巻物01

スカーフ390円
(30%off)
ファー3500円
(30%off)

巻物02

スカーフを
取っても使える。


6.靴について

靴は会社ではサンダルに履き替えてしまうので、
あえて購入せずに、お持ちのものをそのまま活かしました。
茶色のロングブーツと黒エナメルパンプスの2つです。

スカートスタイルなので、冬はタイツをはきます。
秋と冬では、タイツのデニールを変えるとよいです。
秋は60〜80デニールで少し透け感のあるものを。
寒くなってきたら、110デニール以上のもので暖かい感じにします。

会社なので、派手なカラータイツはNG。
今回は着こなしがあまり難しくならないように、
黒タイツを基本に考えました。

靴01

手持ちのブーツ

靴02

手持ちの靴


では、着こなしパターンのご紹介を!!

たくさんあるので、スカート別に見ていきますね。
コーディネートが苦手な方は、こんな風に写真を撮っておくと朝が楽です!

サンドベージュスカートを使って・・

このスカートは広がりがとてもかわいい!
カットソーの1枚合わせもかわいいですが、羽織もので変化をつけて。

コーディネート01

シンプルだけど
かわいい!

コーディネート02

リボンの大きさに
気をつけます。

コーディネート03

カットソーが見えるよう
ボタンは一つがけで。

コーディネート04

春先はファーをして
お出かけしてもいい。

コーディネート05

リボンは小さめにすると
バランスがとれる。

コーディネート06

カットソーのプリントが
きいてます。

コーディネート07

カーディガンだと
よりキュートに。

コーディネート08

ジャケットのボタンは
はずします。

グリーンスカートを使って・・

上のスカートより、少しタイトなシルエットです。
スカートの色が特徴的なので、ごちゃごちゃしないように色合わせを気をつけます。

コーディネート09

紺と緑の配色が
きれいです。

コーディネート10

単純ですが、
これも悪くない。

コーディネート11

シンプルですが
配色で映えます。

コーディネート12

堅さと遊びが
両方ある着こなし。

コーディネート13

スカートが緑でも
ノーカラージャケットだと
落ち着きます。

コーディネート14

ジャケットを着ると
雰囲気が変わります。

コーディネート15

棒タイブラウスなら
ボタンは締めて!

コーディネート16

きちんと見える
着こなしです。

黒地の柄スカートを使って・・

年中使えるポリエステル素材のスカートです。
冬は寒々しい感じにならないように工夫するのがポイント。

コーディネート17

かわいい雰囲気の
着こなし。

コーディネート18

若いからこその着こなし。
でもきちんと見えます。

コーディネート19

すごくいいわけでは
ないけど・・
アリな組合せ。

コーディネート20

ウエスト位置が上がり
スタイルアップ
の着こなし。

コーディネート21

このカットソーは
考えずに着ても
それなりに見えて優秀。

コーディネート22

カーディガンを着ても
いいです。

チェック柄ワンピースを使って・・

コットン素材なので、夏以外はずっと着れそうなアイテム。
プライベートでは、冬なら下に薄手のハイネックを重ねてもいい。
会社では羽織ものをして、きちんと見えるようにします。

コーディネート23

チェックとジャケットで
トラッドな着こなし。

コーディネート24

カーディガンの方が
かわいく見える。

コートを着たら、こんな感じです。

マフラーを変えるだけで、雰囲気が変わります。
巻き物は値段もピンキリで色々あるから、気分によって変えてみるとよいかも。

コーディネート42

スカーフをリボン結びに。
スカーフを
はずしてもいい。

コーディネート43

ただ、たらしている
だけでも
かわいいと思う。


では、ワードローブをもう一度確認!!

  • ボトム(今回はスカートのみですが・・)・・3枚
  • 羽織もの・・3枚
  • カットソー・ブラウス・・4枚
  • ワンピース・・1枚
  • コート・・1枚
  • 靴(ブーツとパンプス)・・2足
  • マフラー・・1つ

これは本当に最小限の枚数。
実際生活していくうちに、パンツが欲しくなったり、インナーを買い足したくなったり
明るい色を入れたくなったり、マフラーが欲しかったり・・
欲求はどんどんエスカレートしていくわけです^^;

でも、基本アイテムが揃っていると、次の買い物がしやすのは本当。
軸を作ってから、洋服を買い足すようにします。
まずは、自分がどんなアイテムを持っているのか、
こんな風に書き出してみるといいです。


今回のショッピングについて

「リーズナブルで少ない数で着まわし」がテーマのショッピングだったので、
この特集では、実際に購入した価格も表示してみました。
バーゲンを利用したこともあり、とてもお安く買い物ができました。

洋服の価格帯は、その時のご予算・ご年齢・職業・立場など、
様々な要素を加味しながら、考えていきます。

安いからいいとか、高いからいいとか、そういうことではなく、
無理のない範囲で、自分が一番心地よくいられるものがよいと思います。





ワードローブの揃え方は、お客様からもよく質問をいただく内容です。
仕事ではどんな風に見られるとよいのか、プライベートではどう振る舞いたいのかなど、
服から考えるのではなく、そういった部分から始めると必要なものがわかってきます。

でも、たまには「一目ぼれ」みたいなアイテムもないと気分が上がらないので、
そういうムダ使いも私はあっていい!!と思うわけですが。。

満足できるワードローブ作りに、ぜひぜひ挑戦してみてください!!




その他の「ファッションコラム Menu」はこちらから


お問合せ・ご予約はコチラ


ページトップへ戻る
パーソナルスタイリスト 「StyleClub −スタイルクラブ−」 Copyright(C) 2008-2017 Style Club All Rights Reserved.